ストーカー対策について

デリヘルは無店舗型風俗であることから、ラブホテルなどでプレイを行うことが多いです。プレイ終了後はお客さんとラブホテルの前で別れますが、ストーカーはそこから女性の跡をつけて待機部屋を突き止めます。そして、女性の仕事が終わるまで待機部屋の前で待ち続け、そのまま自宅を突き止めます。そのため、ストーカーを防ぐのであればスタッフに相談をしましょう。自宅まで送迎をしてくれるため、自宅が知られる心配がありません。

参照サイト≪梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
送迎制度があるデリヘル店の求人です。

また、それ以外の方法としてNG客に指定するということもできます。デリヘルではお客さんを電話番号で管理しているので、特定のお客さんをNG客にすることが可能です。NG客に指定することで接客することは無くなります。

ストーカー対策はスタッフに相談しても良いのですが、自分でストーカー対策をすることもできます。近年はデリヘルで働く女性がブログやツイッターをすることが当たり前ですが、そこから個人情報が漏れることもあるのです。頻繁に行く飲食店やショッピングスポットの名前を出してしまうと、そこで待ち伏せをされることもあります。さらに、ブログやツイッターに写真をアップしますが、そこに自宅周辺の写真をアップしてしまうとそこから自宅がバレることもあるのです。

ストーカーになりやすいお客

デリヘル遊びをするお客さんのほとんどはクリーンな遊び方をしているので、身の危険を感じることはありません。しかし、極まれにストーカーになるお客さんがいます。このストーカー予備軍には特徴がありますので、その特徴を知っておきましょう。

最も危険なお客さんは、やたらとプライベートな質問ばかりをしてくるタイプです。「どこに住んでいるの?」、「休みの日は何をしているの?」、「彼氏はいるの?」などの質問は要注意でしょう。これらの質問はデリヘルのプレイ内容と関係ありません。少しでも情報を仕入れて、そこからストーキングしようと考えているかもしれないのです。このような質問をされたらストーカー予備軍の可能性があるため注意しましょう。

もちろん、お客さんとのコミュニケーションは欠かせないもののため、当たり障りの無い芸能人の話題やスポーツの話題などを選び上手くかわしましょう。そして、何度も指名してくれるお客さんにはつい心を許してしまいがちですが、そういったお客さんにも注意してください。

また、なかにはデリヘル嬢に対して真剣に恋をしてしまうお客さんもいます。特に女性への免疫が無さそうなタイプの男性は、少し優しくされただけで本気にしてしまうものです。こうしたタイプの男性には、特に当たり障りの無いトークをしましょう。

風俗で働くならリスク回避を

デリヘルでのアルバイトは未経験でも短期間で高収入が得られることから、急ぎで現金が必要な女性にとってありがたい存在です。しかし、デリヘルでのアルバイトには少なからずリスクがあります。

真っ先に思いつくのは性病感染のリスクでしょう。デリヘルの基本プレイにフェラチオが含まれていますが、ほぼすべてのデリヘルが生フェラを行っています。その生フェラから性病に感染する可能性があるのです。

しかし、優良デリヘルは病院と提携しており、定期的に性病検査を行っています。そのため、風俗求人を探す際はそういったデリヘルを探しましょう。特に彼氏や夫に内緒でデリヘルのアルバイトをしている女性は、自分が性病に感染したことでパートナーに感染させてしまうこともあります。こうなってしまうとデリヘルのアルバイトや浮気を疑われてしまい破局してしまうことでしょう。

性病感染も恐ろしいことですが、近年はデリヘルのストーカー被害が問題となっています。ストーカーがきっかけとなって殺人事件に発展することもあるため、必ずストーカー対策をしましょう。身の危険を感じたら必ずスタッフに相談をしてください。スタッフは少しでも女性に働きやすい環境づくりをしているため、ストーカー対策をしてくれます。また、スタッフからストーカー対策をしてもらうだけでなく、自分でもストーカー対策をすることが大切です。こちらではストーカー予備軍の見極め方や、様々なストーカー対策を解説します。